実印,銀行印,会社印,印鑑,はんこ  従業79年 愛知県一宮市の印鑑・印章専門店 有限会社豊栄堂西店は豊富な品揃えと確かな技術で満足いただける印鑑をお作りします。

一宮市 ハンコ 印鑑 実印 銀行印 会社印は有限会社豊榮堂西店で承ります。

豊栄堂 西店

電話でのお問い合わせは
0120-204180
営業時間 9:00~20:00
TEL 0586-45-2311
FAX 0586-45-2332
住所 愛知県一宮市平和1丁目3番3号(地図)
豊栄堂西店の
LINE公式アカウント
RSS

周平 4打点




おはようございます(^_^)


キャプテンが輝き、打線が最高のつながりを見せた


中日は31日、阪神戦で高橋周平内野手がスタメン復帰


不振にあえいだ主将のバットから2安打4打点が生まれると、打線は今季最多17安打と活発に、8-5で打ち勝ち、昨季から続いた甲子園での連敗を5で止めた


あらゆる引き出しを開けて、バットを寝かせる最終手段に出た


「良くなりつつあります。残り試合、出してもらえるように頑張ります」


吹っ切れた、とはとても言えない


努力が結果につながるとは限らないとも身に染みている10年目


今季は残り42試合


飛距離アップは向け、最良の手段を探す旅の途中にいる
2021-09-01 09:14:01

原巨人のヘビロテ




こんにちは^ ^


最大8ゲーム差から首位に立った原巨人が、上位2チームとの首位攻防6連戦で"勝負ローテ"を組むことが30にに、分かった


31日からは2位のヤクルトと3連戦、9月3日からは3位の阪神と3連戦


同1日以降は中5日で菅野、山口、戸郷、高橋を先発させ、同5日には31日に先発するメルセデスを中4日で起用することが濃厚になった


攻撃的なローテ再編の裏にある救援陣の安定、原監督の考えを明かす


先発陣はこの日G球場で調整し、首位攻防ウィークに備えた


残り44試合


優勝に近づくためにも、原監督ら首脳陣は今週の6連戦を勝負どころと位置づける


上位3強で大混戦のセ・リーグ


攻撃的なローテで、巨人が抜け出しを図る
2021-08-31 14:56:01

周平 直訴実った




おはようございます(^-^)


中日は29日、バンテリンドームナゴヤでの巨人戦に1-5と完敗


3連戦を1勝1分けと、後半戦開幕カードで3連敗した相手に雪辱できなかった


打線はわずか5安打、先発・小笠原慎之介投手も5イニング3失点降板と投打ともに振るわぬ中、一筋の光明となったのが高橋周平内野手の一矢


復調への足掛かりとなるかどうか


竜打線覚醒、チームの大逆転でのAクラス入りのためにも、頼れるキャプテンの完全復活が待たれる


チームは今季3度目の対戦となった左腕・高橋から得点を奪えず苦しい展開となったが、主将復活への光が見えたことが何よりの救いだ


4回、8回と大島が安打を放つも、ビシエド、福留が凡退


背番号3が本調子なら、結果も変わっていたかもしれない


後半戦はまだ、27打数2安打で打率0割7分4厘


大逆転でのAクラス入りという物語も、首相が打たないことには、始まらない
2021-08-30 07:25:02

ビエイラ 球団新30戦連続0封




おはようございます^ - ^


巨人の守護神・ビエイラが30試合連続無失点の球団新記録を達成した


9回を3人、5球で中日打線を料理


無失点を30試合以上続けたのはプロ野球で11人目


先発の戸郷は8回2安打1失点も、2回にビシエドに浴びた一発を悔いた


打線は低調で今季12度目のドロー


連続1ケタ安打が12試合に伸びた


首位・阪神が敗れて1.5ゲーム差


29日に巨人が勝ち阪神が敗れれば勝率の差で首位に立つ今季のビエイラは大化けしたのではなく、本来の力を発揮しているだけなのだろう


体重113キロ、体脂肪15%を常にキープすべく、キャンプ中のようなハードメニューを連日消化している


その異様な練習量は球宴で他球団の選手たちを驚かせただけでなく、巨人ナインにも好影響を与えている


「周りの人を駆り立てたり、少しでも前を向くエネルギーになっていことは本当にうれしいこと」


13日には、NPB史上最速の166キロをマークした


次の狙いはもちろん、40試合連続無失点のプロ野球記録だ



2021-08-29 11:54:02

岡本 32号




こんにちは^ - ^


巨人の主砲・岡本和が意地の一発を放った


チームは中日ののエース・大野雄を打ち崩せず今季ワーストタイの3安打で敗れたものの、4回に一矢報いるセ単独トップの32号ソロ


2位のヤクルト・村上に2本差をつける一撃は、28日に夏の甲子園準決勝を控える母校・智弁学園へのエール弾となった


首位・阪神も敗れたためゲーム差は2のまま


12戦5発とコンスタントに打つ主砲の勢いにチーム全体が乗っていきたい


前半戦は85試合で27発


約1か月の五輪ブレイクを挟み始まった後半戦はここまで12試合で5発だ


後半戦58試合で換算すると24発ペース


巨人では02年の松井秀喜以来となるシーズン50本塁打もまだ射程圏内だ


元木ヘッドコーチも「調子がいい」と認めるように、敵からしても今の岡本和は脅威でしかない


0封負けで終わらなかった4番の貴重な1点は、あすの戦いへとつながるはずだ
2021-08-28 16:12:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ