ブログ

2023年01月

2023.01.19

山浅1軍 いきなりビッグチャンス


こんばんは(^-^)


中日は18日、2月1日から始まる沖縄での春季キャンプのメンバー振り分けを発表した


新人は4選手が1軍スタートとなり、ドラフト4位の山浅龍之介捕手も1軍北谷組に決定


高卒野手の1軍スタートは、2012年ドラフト1位の高橋周平内野手以来11年ぶり


山浅は大抜てきに驚きつつも、1軍のレベルをいきなり体感できる最高の環境に日々勉強の精神で臨むことを誓った


気持ちはドキドキの1年生


「自分でもまだまだ力がないのは分かっています。まずは目立っていかないと話にならないので、明るさや元気を出したい。勉強の毎日を過ごしていきたいと思います」


プロで生き抜くための術を、2月1日から惜しみなく吸収していく

2023.01.18

田中 夢を諦めないで


おはようございます(^_^)


中日のドラフト6位・田中幹也内野手が17日、名古屋市東区の桜丘中学校で講演会を行った


同校の生徒約300人に語ったのは「夢を諦めないこと」


国指定の難病「潰瘍性大腸炎」を乗り越えて、プロ野球はの道をこじ開けた苦労人は、今季の目標に新人王を掲げた


2月からの春季キャンプは1軍北谷スタートが内定

「全員がライバル。だらにも負けないように」


166センチの体に宿った不撓不屈の精神


「どんなつらいことも乗り切れます」


あらゆる困難にも真っ正面からぶつかっていく

2023.01.17

村松 堂安ソール


こんばんは(^-^)


中日のドラフト2位・村松開人内野手が16日、特製中敷きを手に入れた


両足5本の指の機能を向上させ、体幹強化やパフォーマンスを高める効果が期待でき、サッカーのW杯カタール大会で2ゴールを決めた堂安律も過去に使用している


春季沖縄キャンプで1軍北谷組スタートが内定している即戦力内野手は足元を整え、競争を勝ち抜く


春季キャンプではドラフト6位・田中、同7位・福永とともに北谷スタートが内定


「とにかく競争に勝っていかないといけない。簡単に三振しないミート力と堅実な守備を見てほしい」


50メートルを5秒9で駆け抜ける脚力も武器だ


走攻守全てでアピールを目指す村松を、特別製の中敷きが足元から支える

2023.01.16

小笠原 いつかメジャー


おはようございます^ - ^


中日・小笠原慎之介投手が15日、自主トレ先の沖縄・北谷球場で、将来的な米大リーグ挑戦の願望を打ち明けた


年齢を考慮すると、2、3年jinossa1151970@gmail.comがひとつの目安


海外FA権取得を待たないポスティングシステムでの移籍になるとみられる


2年連続規定投球回に達し、昨季は初の2桁勝利を挙げた左腕は、さらなる飛躍を見せたのち球団の理解を得て堂々と海を渡る


むろん、球界最高峰の投手が米挑戦する時代でもない


阪神でプレーした藤浪はポスティングを直訴


アスレチックスと1年契約を勝ち取った


「チャンスは誰にでもある。藤浪さんが実現させてくれたところもあります」


年齢的にも2、3年あとのポスティング移籍が現実的


小笠原慎之介が少年時代から抱いた夢を実現するためにも、柳で確固たる地位を築く



2023.01.15

岡本 サプライズ 大城


おはようございます(^-^)


巨人の岡本和真内野手と大城卓三捕手が3つきあの第5回ワールド・ベースボール・クラシックの侍ジャパンメンバーに内定してことが14日、分かった


ともに初のWBC出場となる


岡本和は昨年まで5年連続30本塁打の長打力に加え、一塁と三塁を高いレベルで守れる点も魅力


大城も持ち前の打力と昨年リーグ2位の盗塁阻止率をマークした守備力に大きな期待がかかる


巨人からは参考発表12人に入った戸郷、内定済みの大勢に続いて4人となった


全30選手は今月下旬に発表される


捕手はソフトバンク・甲斐が先行発表12人に入り、ヤクルトの中村も内定している


ともに右打者だが、そこに左打者の大城が入ることで、選手起用の幅が大きく広がりそうだ

2023.01.14

仲地 データ博士


こんばんは(^-^)


中日のドラフト1位・仲地礼亜投手ご13日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮「昇竜館」でデータ講習を受け、"データ博士"を目指すと語った


また、今季から本拠地・バンテリンドームナゴヤに最新の動作解析システム「ホークアイ」が導入されることも判明

右腕は最先端の技術者の後押しも受け
投球に磨きをかけていく


佐藤秀樹チーフスコアラーは「映像から数値を導き出すのがホークアイで、レーダーで感知して数値を出すのがトラックマン。これまでは試合中の映像をアップで見ることが難しかったが可能になる」と説明


映像による動作確認で、フォームの再現性の向上などが期待できる


「たくさん勉強して、自分の中にいろいろ吸収していきたい」と仲地


期待のドラ1右腕はデータを駆使し、強打者を牛耳っていく

2023.01.13

根尾 進化23球


おはようございます^ - ^


先発に挑戦している中日・根尾昂投手が12日、ナゴヤ球場では今季初めてブルペン投球した

昨年12月に米・シアトルで、数日前まで鳥取のトレーニング研究施設「ワールドウィング」で体を動かしていた右腕は『進化の23球』を披露


受けていた木下拓哉捕手は変化を感じ取り、成長を口にした


始まったばかりの先発に・根尾


ナゴヤ球場の初ブルペンでは白球を構えたミットに突き刺した


強壮の輪に入り、勝ち抜いた先に開幕ローテが待っている

2023.01.12

仲地「2・15」投げたい!!


こんばんは^ - ^


中日のドラフト1位・仲地礼亜投手が11日、地元の沖縄県読谷村での凱旋登板に意欲を示した


読谷組の初実戦は2月15日の沖縄電力戦


同日が誕生日の右腕にとっては、凱旋&バースデー登板となる


9日から始まった新人合同自主トレは、11日に第一クールを終えた


「また少しずつペースを上げていければ」と仲地


地元凱旋とバースデー登板が重なる「2・15」は、まさに中地のために用意されたかのような舞台


一歩ずつ踏みしめて、慣れ親しんだマウンドに立つ

2023.01.11

立浪監督 田中に注目

おはようございます(^。^) 中日のドラフト6位・田中幹也内野手がナゴヤ球場での新人合同自主トレ2日目の10日、立浪和義監督の視線をくぎ付けにさせた この日、初視察した指揮官は、攻守にわたり身のこなしを好評価 早くも2月の初実戦、11日韓国・サムスンとの練習試合の出場を示唆した 「ありがたいお言葉です。まだまだ始まったばかりなので、一日一日、頑張ります」 身長166センチの小兵ながら走らせたら、50メートル6秒を切る俊足も売りで今季目標は30盗塁 立浪監督の視線をくぎ付けにしたスピード感のある守備と、癖のない打撃、そして俊足・・・ グラウンドに立てばドラフトの順位は関係ない 田中が沖縄・ちゃたんをわかせる


image0.jpeg
おはようございます(^。^)


中日のドラフト6位・田中幹也内野手がナゴヤ球場での新人合同自主トレ2日目の10日、立浪和義監督の視線をくぎ付けにさせた


この日、初視察した指揮官は、攻守にわたり身のこなしを好評価


早くも2月の初実戦、11日韓国・サムスンとの練習試合の出場を示唆した


「ありがたいお言葉です。まだまだ始まったばかりなので、一日一日、頑張ります」


身長166センチの小兵ながら走らせたら、50メートル6秒を切る俊足も売りで今季目標は30盗塁


立浪監督の視線をくぎ付けにしたスピード感のある守備と、癖のない打撃、そして俊足・・・


グラウンドに立てばドラフトの順位は関係ない


田中が沖縄・ちゃたんをわかせる


2023.01.09

高橋宏 大谷ロード

こんにちは(^_^)


中日の高橋宏斗投手が8日、地元・愛知県尾張旭市内で開催された「尾張旭市二十歳の集い」に出席した


誓ったのは、えんぜるすあ・大谷級の圧倒的な存在


最初のステップとして目指すのは自身初の開幕投手


大谷が高卒3年目で初めて務めた大役を引き寄せ"最強"への階段を昇る


この日は、母校・尾張旭市立東中学校で開かれた式典に参加


「中学の卒業式ぶりと会った人ばかり。誰か分からない人もいました」と苦笑いしながらも、写真撮影やサインに笑顔で応じた


「成人式に来ても応援してくれているのは感じている。地元も地元以外な応援も自分の力強くになっている」


改めて感じた期待の大きさ


20代でもナワバーワンの称号を追い求める