カレンダー

«2月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    ブログ

    2023.01.31

    「新しい菅野お見せできる」


    こんにちは(^_^)


    プロ野球は2月1日、西武を除く11球団がキャンプインする


    球春到来を目前に控え、巨人・菅野智之投手が30日、連載手記「繋ぐ」で今季にかかる思いを記した


    19年4月にスタートし、23年第1回となる今回は、このオフの手応えを回顧


    昨年度12月には3年ぶりに米ハワイ、1月は沖縄・宮古島で納得の自主トレを行い、「新しい菅野智之をお見せできる」と自信


    今季の目標を18年以来自身2度目となる200イニングに設定し、悲願の日本一へ向けてフル回転する覚悟を示した


    最大の目標は人生で一度も経験したことのない日本一をつかみ取ることです


    個人的にはここ2年間、納得いく成績を残せず、ファンの方も歯がゆい思いをしてきると思います


    そういう悔しさも胸に、この1か月半、自分を追い込んでやってきました


    新しい菅野智之をお見せできると思うので、楽しみに待っていてください

    2023.01.30

    村松 金装備


    おはようございます(^。^)


    中日のドラフト2位・村松開人内野手が29日、ナゴヤ球場で自主トレし、No.1ルーキーへ導くアイテムだと信じる金色コレクションを披露した


    金のネックレスにグラブとフットガード、打撃用手袋にも金色の刺しゅうをあしらった


    理由は明大先輩の広島・森下、そして兄弟で宇宙飛行士を目指す漫画「宇宙兄弟」にあった


    アグッレシブに動き回る村松のネックレスは動きにつられて上下動を繰り返す


    ヒットを放ち、ベース上で金刺しゅうの入ったフットガードを外し、打撃用手ぶくろとともに一塁コーチャーに手渡す

    2023.01.29

    岡林 バヤノワール


    こんにちは(^-^)


    名古屋発祥の人気喫茶店「コメダ珈琲店」に頻繁に通う中日の岡林勇希外野手に28日、同店を展開するコメダから、タイトル獲得で看板メニュー「シロノワール」の特別版がプレゼントされるプランが浮上した


    その名も自身の名前にちなんだ「バヤノワール」


    昨季ブレークした若竜は、ご褒美獲得も視野に2年連続の活躍を誓った


    チームは2月1日にキャンプイン


    「オフから継続したことを怠らずにやっていきたいです」と2年連続のタイトル獲得に向けて準備は万端だ


    「達成できなければ、お店で一日アルバイトするくらいの気持ちで頑張ります!」と気合十分


    コメダからも「社を上げて応援します」とエールを送られた


    夢の「バヤノワール」は誕生なるか


    ご褒美げっとあも視野に入れ、今季も突き進む

    2023.01.28

    高橋宏 どこでも投げる


    こんばんは(^。^)


    3月に開催される「カーネクスト2023ワールド・べーすぼーるあ・クラシック1次ラウンド東京プール」の日本代表「侍ジャパン」のメンバーに中日から唯一選出された高橋宏斗投手が27日、ナゴヤ球場で決意を語った


    「世界一になるためにいい準備してをしたい」と意欲満々の侍最年少右腕は働き場所を選ばず、存分に腕を振る覚悟をにじませた


    この日はナゴヤ球場に隣接する屋内練習場のブルペンでアジア谷を座らせると、持ち球を全て投じ計43球


    「世界一になるために自分も一選手として全力で腕を振っていきたい。一番注目度が高いと思うので、しっかり準備してしたい」


    侍としての自覚は十分


    日の丸のユニホームに袖を通す瞬間まで刃を研ぎ澄ます

    2023.01.26

    落合 師匠泣かせたい


    こんばんは(^-^)


    日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で大相撲春場所の番付編成会議を開き、幕下15枚目格付け出しの初場所で7戦全勝優勝した落合の新十両昇進を決めた


    初土俵から所要1場所での昇進は史上初となった


    2度の高校横綱、実業団横綱にも輝いた


    "令和の怪物"が、新たな歴史を刻んだ


    落合はこの日、師匠の宮城野親方とともに都内の部屋からオンラインで会見し、横綱昇進の夢などを語った


    仕切り直しの決意表明


    落合は「将来の夢は宮城野部屋で強くなって、幕内で最高優勝をして師匠を泣かせたい。横綱になる夢を持ってずっと相撲を続けてきたので、いつかその夢をかなえたいです」と上方修正した


    これには最強横綱も「100点満点」とニンマリ


    角界で数々の金字塔を打ち立てた師匠とともに"令和の怪物"が番付を駆け上がる

    2023.01.25

    小笠原 即断即決


    こんばんは^ - ^


    中日・小笠原慎之介投手が24日、難攻不落の名城・岐阜城の建つ金華山を訪れ、目下に広がる濃尾平野を前に開幕投手&タイトル奪取の野望を練っていたことを明かした


    この日、ナゴヤ球場で自主トレを行い、前日の23日に密かに金華山に足を運んだという


    昨年11月に俳優の木村拓哉が「ぎふ信長まつり」に織田信長役で登場してから約2カ月


    "小笠原信長"が岐阜の地で、天下取りにスイッチを入れた


    開幕投手に名乗りを上げ、米国自主トレを敢行し、将来的なメジャー挑戦の意思を表明


    天下取りを目指した織田信長も両足でかみしめた金華山からの景色をじっくり眺め、その思いをさらに強くした


    「取れるタイトルはほしいですし、NPBでずぬけた成績を残したいです」


    開幕まで残り約2カ月


    "小笠原信長"が自らを奮い立たせ、全速力で2023年シーズンを駆け抜ける

    2023.01.23

    アキーノ 2・11出る


    おはようございます(^_^)


    中日の新外国人で、米大リーグ通産41本塁打のアリスティデス・アキーノ外野手が22日、チームの今年最初の対外試合となる2月11日の練習試合、韓国・サムスン戦への出場に意欲を見せた


    初陣デビューの後に好成績を残したブランコ、ビシエドらに続く


    来日から一夜明けたこの日は、中日屋内練習場で早速初練習しティー打撃などで汗を流した


    ひしひしと感じる期待の大きさを、エネルギーにしていく


    来日した21日、立浪監督が「やっぱり30本を目標にしたほしいと語った


    その言葉を伝えられ、大砲候補として「そのために来た」と力強くうなづいた


    22日には指揮官と初顔合わせ


    焼き肉を囲みながら、成功への心構えを授かる時間になったはずだ


    この日は、ティー打撃などで30スイング


    岡林はとも笑顔であいさつした


    「良い仲間がいっぱい。自分のことを信じてもらっているので、チームが勝てるように頑張りたい」


    先ずは2・11へ、力強くスタートを切った

    2023.01.22

    梶谷 開幕1番右翼目指したい


    おはようございます^ - ^


    巨人の梶谷隆幸外野手が21日、開幕スタメンを目標に掲げ、完全復活への思いを激白した


    昨年5月に左膝内側半月板縫合手術を受けた影響で今季は育成選手として再出発


    この日、G球場で約1年ぶりとなる屋外での外野ノックを行い、マシン打撃でも快音を連発した


    今季が4年契約の3年目


    キャンプは2軍スタートが決まり「レギュラーを取らないといけない。積み上げできたものは正直どうでもいい。アピールしたいと」などと熱く語った


    実戦は21年9月の2軍戦以来、遠ざかっている


    「走ることがもう少しですね。あとは1年何か月か投手の球を見てないので、変化球が来た時にどう体が反応するか分からないですけど、今のところは問題なくやれてる感じです」


    完全復活へ、梶谷は静かに心を燃やしている

    2023.01.21

    仲地 大島と対戦熱望


    こんばんは(^_^)


    中日のドラフト1位・仲地礼亜投手が20日、ナゴヤ球場で新人合同自主トレ初となるブルペン投球
    行った


    捕手・山浅を立たせて、直球のみ20球を投げ込んだ


    春季キャンプは2軍・読谷組スタートの右腕は、同じく読谷球場で汗を流す大島洋平外野手との対戦を熱望した


    まて吉見一起さんは、仲地の投球動画を見て、立ち姿を巨人・菅野に重なると語った


    ドラフト4位の山浅は、仲地の投球練習を受けて「いい球で自然と声が出た。それでも、本人は『20点』というのでレベルが高いなと思いました」


    山浅は、1軍北谷組スタート


    この日は仲地にシュート回転を伝える場面もあり「投手と情報を共有して、より良い関係をつくるのが一番大事」と、先輩にも積極的に意見する姿勢を強調した

    2023.01.20

    仲地の読谷村 100万論


    おはようございます(^_^)


    中日のドラフト1位の仲地礼亜投手の出身地・沖縄県読谷村が、キャンプの選手振り分け発表から一夜明けた19日、右腕の読谷組スタートに熱烈歓迎の準備に入った


    コロナ禍以降、見送っていた餃子の復活に加え、2軍キャンプ地区・オキハム読谷球場付近の村有地では約100万論のコスモスでお出迎えする


    同日、ナゴヤ球場で自主トレした仲地は20日にもブルペン入りする考えを明かした


    仲地のほか、先発転向する根尾、2000安打へのカウントダウンに入ったベテラン大島ら、読谷組に名を連ねるメンバーは多士済々


    熱烈な歓迎ムードが漂う2軍キャンプ地は100万論のコスモスが咲いている


    いちゃばびら、読谷!