RSS

羽生 2戦連続世界最高



こんにちは^_^


男子ショートプログラムが行われ羽生結弦が110.53点をマークし、前戦のGPフィンランド大会で出したルール改正後の世界最高得点106.58点を塗り替えた


首位発進で、ファイナルを除いた自身初の同一シーズンのGPシリーズ2連勝へ、大きな弾みをつけた


自身を軽々と超えた


羽生は自身の持つ世界最高得点を3.84点も上回る110.53点をマーク


「ほっとした。準備段階で反省点があったので、できてよかったとほっとしている」


冒頭の4回転サルコーはGOE4.30点を引き出す完璧な美しさ


続く2本のジャンプでもGOEを3点以上付けた


ステップやスピンは全て最高のレベル4


2位に20点以上を付ける圧巻の強さを見せつけた


日本男子単独最多のGP10勝に向け、大きな弾みをつけた
2018-11-17 16:27:01

稀勢の里 休場



おはようございます^_^


一人横綱の稀勢の里が「右膝挫傷捻挫で全治1ヶ月の休業加療を要する」との診断書を日本相撲協会に提出して休場した


初日の貴景勝戦で負傷し、4日目まで4連敗と不振を極めた


8場所連続休場から土俵に上がった秋場所は10勝を挙げたが、これで横綱在位11場所で9度目の休場


来年初場所で再び進退が懸かるのは必至な情勢だ


横綱在位は今年名古屋場所以来で、昭和以降は6度目となった


完全に土俵際に追い込まれたきさのさとの相撲人生


八角理事長は「悪いところは直して、体を作り直して頑張るというのが多くのファンの願い。開き直って稽古するしかない。番数を増やして自信を取り戻すこと」指摘した


厳しい声が上がるのは、稀勢の里も理解している


「いい相撲を取っていきたい気持ちはある。また、しっかり考えていきたい」


悔しさをバネに横綱に上り詰めた男から闘志は消えていない


自分を信じ、再び逆境に立ち向かう
2018-11-16 07:21:01

丸 原巨人着て



おはようございます^_^


巨人が国内FA権の行使を表明した広島・丸佳浩外野手に背番号8を用意していることが14日、分かった


この日、宣言選手が公示され、15日から交渉が解禁となるが、原監督は「時が来たらアクションは必ず起こすと思う」と参戦を正式に表明


近日中にも交渉を行う予定だが、原監督が現役時代に背負った伝統の番号を"切り札"に広島、ロッテとの争奪戦を制す


同じく、調査を続けていた西武・炭谷銀仁朗捕手の獲得も正式に表明


積極的な補強を進めていく


交渉に原監督は、時間が許せば直接出馬も辞さない構えだ


「当然、私も巨人の一員として、意思を伝えにいくことはあり得る」と自ら口説き落とす可能性も示唆した。来季、至上命題の5年ぶりV奪回に欠かさない2人に熱い思いをぶつけるつもりだ
2018-11-15 12:08:02

稀勢の里 引退ピンチ



おはようございます^^


ついに引退危機ーー


一人横綱の稀勢の里が、西前頭筆頭の北勝富士に突き落とされ、連日の金星配給で3連敗となった


横綱の初日からの3連敗は92年初場所の旭富士以来26年ぶりで、年6場所制となった1958年以降では6人目で7度目


途中休場となれば再び進退問題が浮上し、日本人横綱が決断の時を迫られる


8場所連続休場という年6場所制での横綱ワースト記録から、秋場所で何とか10しょうを挙げて再起の足掛かりをつかんだ稀勢の里


とはいえ、横綱審議委員会は今場所に関して「序盤戦で負けが込んで、休場ということになったら、やっぱり考えなきゃならんことになるでしょう」と位置付けたように"要経過観察"となっていた


「最後まで務めきり、結果を残すだけ」


悲壮な決意を固めて臨んだ土俵で待ち受けていた過酷な現実


きゅうで立て直しか、一人横綱続行でイバラの道かーー

稀勢の里が再び、相撲人生を左右する決断を迫られた
2018-11-14 07:20:02

錦織 フェデラー撃破



こんばんは^_^


世界ランク9位の錦織圭が同3位で6連敗中のロジャー・フェデラーから4年8ヶ月ぶりの勝利を挙げた


1次リーグB組初戦で対戦


互いにミスが多い難しい展開で第1セットをタイブレイクで6ポイント連取で先取


第2サーブの工夫と、ピンチを招く前に立て直す危機管理回避能力で難敵に競り勝った


日本時間13日午後11時意向開始の第2戦でケビン・アンダーソンと対戦する


37歳にして今季は全豪オープンを制し世界ランク1位にも返り咲いたレジェンドへの尊敬はある


「テニスが誰よりも見ていて面白い。それは今でも変わらない」


その一方でネットを挟めば敵になる


「アイドルとだけ見ていたフェデラーとは違う。勝てない相手じゃない」と闘志をたぎらせた


だからこそミスを連発し本調子ではない状態を前にして「勝たなきゃいけない試合」と言い切った


入場時に歓声の大きさを測る演出では、錦織98デシベル、フェデラー103デシベル


それでも価値ある1勝を挙げた


過去4大会で初戦勝利の14、16年はいずれも4強入りしている


自信は胸に勝てば1次L突破の可能性もある第2戦に臨む
2018-11-13 17:34:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ

豊栄堂 西店

電話でのお問い合わせは
0120-204180
営業時間
9:00~20:00
TEL
0586-45-2311
FAX
0586-45-2332
住所

愛知県一宮市平和
1丁目3番3号(地図

QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード