RSS

中島平成締め弾



おはようございます^^


サッカーの日本代表は26日、ノエビアスタジアム神戸での国際親善試合「キリン・チャレンジカップ」でボリビア代表を1-0で下し、平成最後の国際Aマッチを白星で飾った


後半31分、途中出場のMF中島翔哉が右足で決勝点を挙げた


日本は22日のコロンビア戦から先発総入れ替えし、MF橋本拳人らがA代表デビューした


日本は6月に集合し同14日開幕の南米選手権に招待で出場する


中島のプレーが神戸に集まった観衆を沸かせ続けた


その2分後に放った左足シュートはポストをたたき、終了間際にはみぎの堂安からのサイドチェンジを受けると、ボールを落とさずにリフティングで運んだ


楽しさあふれるプレーで大歓声を独り占めにし、ファンを魅了し続けた


「サッカーの全部がうまくなりたい」と叫ぶサッカー小僧が、新元号へと変わり、新たな時代に向かう日本サッカー界の主役を担う


それを、この日のピッチであらためて証明してみせた
2019-03-27 07:31:01

おっさんの意地



こんばんは^_^


日本代表は25日、親善試合のボリビア戦に向けて神戸市内で調整を行った


森保一監督が会見し、22日・コロンビア戦から先発メンバーを総入れ替えで臨むと明言した


MF乾貴士は、MF香川真司とともに先発が濃厚


中島、南野、堂安の新BIG3の先発定着にストップをかけるべく「明日が最後かもしれない」というベテランが生き残りを狙う


ボリビア戦はFW鎌田、DF安西ら初招集組とピッチに立つ見込み


香川は「このチームて結果を残さないと行けない」と融合しながら生き残り誓い、乾も「若い選手が出て来て、アピールできなければ明日が最後になる可能性もある」と背水の陣


ベテランの真価を見せる時が来た



2019-03-26 19:19:02

貴景勝 大関確信



おはようございます^_^


関脇・貴景勝が場所後の大関昇進を確実にした


昇進目安へあと1勝で迎えたカド番大関・栃ノ心との"入れ替え戦"を電車道で完勝


初土俵から28場所での昇進は全師匠・元貴乃花親方を超える史上6位のスピード出世


兵庫県出身では2代目増位山以来となる4人目で"ご当地場所"を華々しく飾った


3場所ぶりの連敗で苦戦した終盤


千秋楽前夜は自分と向き合い、一つの答えを出した


「わんぱく相撲の時から体の大きい人とやってきた。何が自分の武器かを思い出した」


それはコンプレックスを武器に、父と極めた相撲だった


重圧から解放されて潤んだ瞳を涙とは絶対に認めなかった


「人前で泣かないのが親父との約束。絶対に泣いていない」


父の教えを守り"ご当地場所"で射止めた大関の地位


「2場所で落ちたら何の意味もない。そこがゴールじゃないし、さらに上を目指さないと務まらない」と覚悟をにじませた

2019-03-25 07:28:01

羽生 銀



こんにちは^_^


男子フリーが行われ、ショートプログラム3位の羽生結弦はフリー2位の206.10点を出し、合計300.97点で銀メダルを獲得した


演技終了時点ではフリー、合計とも現行ルールでの世界最高得点だったが、直後に演技したSP首位のネーサン・チェンが羽生の記録を更新する216.02点をマーク


合計も世界最高の323.42点で2連覇を果たした


フリー当日の公式練習では、「残り1分」のアナウンス後も跳びに行くなど必死の調整


40分以上の氷上練習後には、リンクサイドで8分後の"居残り練習"を敢行した


製氷作業が行われるリンクの外で、ジャンプコーチのジスラン・ブリアン氏らとタブレットを眺めながら、何度もループの動きを確認


最後はイヤホンで曲を聴きながら、その場でフリーの振り付けとジャンプの動きを通し、ノーミスのイメージをふくらませた


今季フリーはロシアのエフゲニー・プルシェンコの伝説の演目「ニジンスキーに捧ぐ」をアレンジしたもので、「Origin」と名付けた


逆転での金メダルこそならなかったが、特別に思い入れが強いプログラムに魂を込めた


2019-03-24 11:46:01

香川より中島



こんばんは^_^


日本代表は、後半19分にハンドで与えたPKをFWファルカオに決められ、0-1でコロンビア代表に敗れた


準優勝終わった1月のアジア杯から13選手を入れ替えて臨んだ今回の一戦では、同杯を負傷欠場したMF中島翔哉が攻撃陣をけん引


得点には結びつかなかったが何度も得点機を作り出し、MF香川真司らロシア杯組が復帰した中で存在感を発揮した


今回はMF香川らW杯組が復帰


自身が背負っていた10番は先輩に譲り、8番に変声になった


「そこまで番号にこだわってない。試合で楽しむことが最も大事」と話していた通り、後半20分には香川、同26分にはMF乾らが投入されたが、誰よりも存在感を放っていたのは中島だった


2月にはポルトガル1部ポルティモネンセから、日本選手最高額の移籍金3500万ユーロでカタール1部アルドハイルに移籍


22年W杯開催国とはいえ、レベルが低いリーグへの移籍に周囲からは心配の声も上がったが、この日のプレーで自身の決断が間違っていないことを証明した


アジア杯から再スタートを切った森保ジャパンで、攻撃の核となるのはこの男だ
2019-03-23 19:51:01

前へ 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 次へ

豊栄堂 西店

電話でのお問い合わせは
0120-204180
営業時間
9:00~20:00
TEL
0586-45-2311
FAX
0586-45-2332
住所

愛知県一宮市平和
1丁目3番3号(地図

QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード